リステリン(ナチュラルケア)の殺菌効果について

うがい薬 リステリン 論文紹介
スポンサーリンク

こんにちは、ドクトルです。

本日のテーマは「リステリンの殺菌効果について」です。

ちなみに昨日の記事で、薬用リステリン使用による口腔内細菌数の減少について記載していますので、宜しければ併せてご覧ください⏬⏬

ドクトル
ドクトル

本日ご紹介する論文はこちらです。

「Streptococcus mutansバイオフィルムに対するリステリン®️ナチュラルケアの浸透性と殺菌効果の評価」

大 墨 竜 也、竹 中 彰 治、坂 上 雄 樹、若 松 里 佳、 寺 尾 豊、大 島 勇 人、興 地 隆 史

それでは本題に入りましょう。

この記事はこんな方にオススメリステリンの効果を知りたい、現在リステリンを使用中、リステリンの使用に迷いがある方
スポンサーリンク

①使用材料と方法

今回の相手は人ではなく、口腔内細菌です。

使用材料と方法は以下の通りです。

  • Streptococcus.mutans菌25175株を24時間培養したもの
  • リステリン®︎ナチュラルケア(N群)、Listerin®︎Zero(Z群)、リステリン®︎フレッシュミント(F群)、0.12%グルコン酸クロルヘキシジン含有洗口液(CHG群)

Streptococcus.mutans菌に対する浸透性と殺菌能について、N群とZ,F,CHG群の二グループで比較しN群の効果大小について調査しました

※今回リステリン®︎ナチュラルケアに限定している理由は、当時発売されてからまだ間も無く、データが無かった為だと思われます。(商品は2013年発売、論文は2014年発表)

また使用材料の成分表については以下をご覧ください。

「Streptococcus mutansバイオフィルムに対するリステリン®︎ナチュラルケアの浸透性と殺菌効果の評価」より引用
ドクトル
ドクトル

※補足説明

リステリン®︎ナチュラルケアの特徴は、アルコール成分が無く刺激性が少ない、また緑茶エキスが配合されており、より殺菌効果を上げているという点です。

またグルコン酸クロルヘキシジンというのは、商品で言えばコンクール®︎にあたります。

スポンサーリンク

②結果

それでは結果です。

浸透性と殺菌能→Z群とF群とほぼ同等。なおかつCHG群よりも有意に高かった。

詳細は次の通りです。

  • 浸透速度:CHG群の約5倍=即効性あり
  • 洗口30秒後と5分後の菌数:CHG群に比べてリステリン群が圧倒的に低かった。=殺菌力高い
「Streptococcus mutansバイオフィルムに対するリステリン®︎ナチュラルケアの浸透性と殺菌効果の評価」より引用
「Streptococcus mutansバイオフィルムに対するリステリン®︎ナチュラルケアの浸透性と殺菌効果の評価」より引用

なおCHG群が見劣りした結果になったことについては、こう述べられてました。

CHG群がN群およびF群と比較して、有意に浸透・殺菌効果が減弱した要因としては物質の電荷が考えられる。CHGは陽イオン性化合物であり、陰イオン性を示す細菌表層に吸着し細胞膜に傷害を与える

〜(略)〜

デンタルプラークの表層に留まりやすく、深層部への浸透が遅延すると考えられる。

ドクトル
ドクトル

かなり簡単に言うと、化学的要因により細菌の表面でストップして、中に入り込みにくいからということです。

スポンサーリンク

まとめ

では、まとめです。

リステリン®︎ナチュラルケアは・・・・

アルコール成分も無く低刺激性で使いやすい。且つ殺菌性も速く効果抜群。』

昨日の記事と同様、リステリンは元来のうがい薬よりもよく効く結果が出ています

ここまで読んでいただきありがとうございました。


ブログランキング・にほんブログ村へPVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました