75歳以上の方へ〜10月から医療費が2割になる方がいるかも!?

疲れている男性 訪問歯科関連
スポンサーリンク

こんばんは、ドクトルです。

本日私の勤務先にとあるパンフレットが届いておりました。

それはこちら⏬

ニュースで周知されているとは思いますが

役人
役人

後期高齢者(75歳以上の方)の方で一定以上の所得がある方に限り10月にて1割から2割負担に変更しますね。

詳細は「後期高齢者医療制度に関するお知らせ」をご覧ください。

本日はせっかくなので、医療費変更の件について簡単に、そして手短にご説明します。

ドクトル
ドクトル

世帯に75歳以上の方がいる方で、病院に通院している方には是非読んでいただきたいです。

スポンサーリンク

①2割変更の方は1割負担者の約20%

パンフレット1ページ目によると、既存1割負担者の約20%が2割負担に変更になるとのことです。

ドクトル
ドクトル

数にして約370万人に及ぶとされます。

また都道府県別に見た2割負担対象者の割合については下図の通りです。

「アステラス医業経営情報ーメサー」より引用
スポンサーリンク

②どんな方が2割負担の対象になるのか?

2割負担の対象は以下の通りとされます。

まず前提が『課税所得が28万円以上』

これに加えて

世帯に75歳以上の方が一人年金収入+所得≧200万円

または

世帯に75歳以上の方が複数年金収入+所得≧320万円

の方になります。

※年金収入は遺族年金、障害年金は含まないとのこと。

ドクトル
ドクトル

この判定については、2021年の所得をもとに、来月9月頃から判定を開始し、9月頃に再度新しい保険証を送付するとのこと。

ちなみに事務に確認したところ、負担割合変更の旨についての事前の通知は一切無く、新しい保険証が来た時に始めて分かる形になるそうです。

スポンサーリンク

③負担を抑える配慮措置について

とはいえ、負担ばかりではさすがにブーイングの嵐なので、配慮措置も講じています。

『配慮措置』とは

  • 2022年10月1日から2025年9月30日までの3年間有効
  • 外来受診の負担増額(1割から2変更時増額は1ヶ月3000円まで。それを超える差額分は登録先の口座に払い戻しする。

例えば、1ヶ月6万円医療費がかかったとします。

これがもし1割負担の時だったら6千円になります。2割負担になると1万2千円の負担になり、6千円の負担増になります。

しかし、負担増額は3000円までなので、6000-3000=3000円の差額が払い戻しになる

まとめ

では、まとめです。

  • 課税所得が28万円以上で、収入が200万円以上(世帯に75歳以上の方が一人)もしくは320万円以上(世帯に75歳以上の方が複数)が対象になる。
  • 変更対象者への事前連絡はない
  • 窓口月額負担増が3000円に抑えれる配慮措置が優遇される
ドクトル
ドクトル

しかし「外来の窓口負担増」と記載していますが、訪問の場合はどうなるのでしょうかね….

ちなみに医療費2割負担、居宅で毎週訪問診療にてお伺いした場合、最安値月額12.196円になります。

訪問診療料金については、宜しければこちらの記事をご参照ください。

ここまで読んでいただきありがとうございました。


ブログランキング・にほんブログ村へPVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました