歯科医師(5年目)の手取り給料とボーナスをガチで公開します

手とお金 気まぐれ雑記
スポンサーリンク
ドクトル
ドクトル

こんにちは、ドクトルです。

いきなりですが、6月といえば、、、、、

そう、賞与月ですね。Twitterでも

twitter民
twitter民

ボーナス入った〜!

みたいに、ボーナス受給の報告が散見されるようになりました。

私、ドクトルも今月末に支給予定です。

ところで皆様、歯医者の給料についてどういうイメージがありますか?

私がよく言われるのは

歯医者なのに何で副業とかするの?

お金結構貰ってんじゃないの?

というふうに、やや高給取りのイメージが強いようです。

もうこの際はっきり言いますが

「全く金持ちじゃないですから。外車なんて乗り回せませんから!」

そこで今回は、私ドクトルが実際にいくらの給料(賞与も含めて)を頂いているのか公開いたします。(公開して大丈夫なのだろうか。。)

ちなみに私のキャリアは歯科医師5年目、役職は勤務医平社員です。

このブログで分かること歯科医師5年目勤務医の給料

それでは、本題に入りましょう。

スポンサーリンク

①歯科医師の給料とボーナスの全国相場はいくらか?

まず最初に、歯科医師の手取り給料とボーナスの全国平均を見ていただきます。

読者の皆様も、是非予想してみてください。

歯科医師全国平均手取り月給59万4800円 賞与・ボーナス73万7500円

歯科医師の平均給料は、年収が787万5100円月給が各種手当込みで59万4800円です。賞与・ボーナスは73万7500円、時給は5314円となっています。調査年によって金額にばらつきはありますが、大幅な上昇や下降はなく安定的に推移しています。年収は、年齢を重ねるにつれて上がっていく傾向があり、50代の平均年収は1,000万円を超えています。

歯科医師の給料 教えてグッピーより引用

上記の通り、全国での平均相場は上記の額ぐらいだそうです。

それでは、私ドクトルが実際いくら頂いているのかを、赤裸々に公開いたします。

スポンサーリンク

②実際の歯科医師5年目の手取り給料はいくらか?

それでは、私ドクトルが実際にいくら頂いているのかを、赤裸々に公開いたします。

先月分の歯科医師5年目の手取り給料

⏫ 私が実際頂いた先月分の給料です。ちなみにですが、ここ1年間で幸いにも結構昇給していただきまして、その上での額になります。でも全国平均には到達してません。

入社時の歯科医師5年目の手取り給料

それでは、昇給前の去年(入社時)はどうだったのかというと….

平均より大分下です。

ドクトル
ドクトル

恥ずかしすぎてやばいです💦

スポンサーリンク

③実際の歯科医師5年目のボーナスはいくらか?

では、最後に賞与をお見せします。

これが実際の賞与です。うちの所は基本給1ヶ月分になります。

ちなみに2020年が0なのは、入社して半年経過していなかったからです。

まとめ

以上が、私ドクトル(歯科医師5年目 勤務医平社員)の給与と賞与でした。

どうでしょうか。

やっぱり結構貰ってるじゃないか、という声もあれば、意外としょぼいなと思われる方もいるかもしれません。お金の価値観は人それぞれですから。

とても贅沢はできませんが、生活にも困ってないし、この不景気の中賞与までいただけて本当にありがたいなと思っています。

自分の周りで高給取りの先生は、自費専門でしている歯科医院勤務とか(矯正など)、分院長の先生が多いです。

なので、私並みの給料に抵抗がある方は、自費専門で開業している病院に求人応募してみてはいかがでしょうか?

歯科医の給与が気になっている方、特に歯学部生の方々に少しでも今回の情報が役立てれば幸いです。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました