宇宙歯磨き「オーラルピース」〜お口の清潔効果

論文紹介
スポンサーリンク
ドクトル
ドクトル

こんばんは、ドクトルです。

このブログは、皆様の役に立つであろう歯科の知識を論文紹介を通じて発信するブログです。

要点はマーカーで引いてますので、その部分を読むだけでもご理解できるかと思います。

最悪吹き出し部分を読むだけでも大丈夫です。

今回のテーマは「オーラルピース®︎」のカンジダ、舌苔付着に対する効果性についてです。

論文紹介を交えて、そのエビデンスをお伝えしていきます。

ドクトル
ドクトル

「オーラルピース®︎」については過去記事にてご紹介させていただきましたが、

当院で実際に、患者さんに口腔ケアで使用しているオススメの歯磨き粉です。

※過去記事は最後のまとめの項目に載せておきます。

ドクトル
ドクトル

さて、本日ご紹介する論文はこちらです。

「入院高齢者における口腔カンジダ症と舌苔に対するネオナイシン-e配合〜口腔用ジェルの効果に関する予備的研究」 橋詰 桃代、大野 友久、野本亜希子、波多野真智子、藤島 一郎

今回の研究目的は従来の口腔用ジェルと同様に、ネオナイシン-e配合ジェルであるオーラルピースはカンジダと舌苔減少に効果があるかどうかを検証するものです。

ドクトル
ドクトル

上記の過去記事、加えて今回の記事も併せて

現在介護にて口腔ケアをされている方々に是非読んでいただきたく思います。

スポンサーリンク

はじめに

では、本題に入る前にネオナイシン-eについて簡単にご説明しておきます。

ネオナイシン-eとは?

「ネオナイシン®︎」は九州大学大学院農学研究院、鹿児島大学大学院歯学総合研究科、国立長寿医療研究センター口腔疾患研究部との産学連携により開発された成分です。

以下特徴を記します。

  • 福岡県産の「おから」に含まれる乳酸菌から作られた
  • 口腔内の歯周病菌から大腸菌までの幅広い菌種に対して、瞬時に効く
  • 飲み込んでも、腸内でアミノ酸として速やかに消化・分解される
ドクトル
ドクトル

ここまでが「ネオナイシン®︎」の特徴です。

さらに、上記の特徴に加えて….歯周病菌のみならずカンジダ菌にまで効果を発揮する商品を開発した。それが「ネオナイシン-e」

それでは、そのエビデンスについて見ていきましょう。

スポンサーリンク

①研究対象者

本論文の研究対象者は、リハビリテーション病院に入院した65歳以上の高齢者40名です。

属性は以下の通りです。

  • 平均年齢:76.0±14.0歳
  • 男女比:7:3
  • 全員口腔内にカンジダあり
スポンサーリンク

②研究方法

続きまして、研究方法です。以下に列挙します。

  • 使用材料は、ネオナイシン-e配合口腔用ジェル(Ne配合ジェル)とNe無配合ジェルの2種類。
  • Ne配合ジェル使用グループを介入群20名、Ne無配合ジェル使用グループを対照群20名とした。
  • 1日3回、口腔ケア前後でジェルを使用。3週間継続した。
  • なお、2018年8月〜2019年9月に入院した患者20名を介入群2019年11月〜2020年10月に入院した患者20名を対照群とした。
  • 介助者については同一人物が行った。

これらの方法を以って、カンジダ菌量と舌苔付着量の3週間の変化を調査した。

③結果

Ne配合ジェル群とNe無配合ジェル群、それぞれ20名について比較調査してきたわけですが、結果はいかに?

カンジダ菌量:Ne配合ジェル群の方が効果が大きかった 

カンジダ菌量については、両者減少していたが、Ne配合ジェル群の方が効果が大きいという結果になりました。

詳細はこちら⏬

「入院高齢者における口腔カンジダ症と舌苔に対するネオナイシン-e配合 口腔用ジェルの効果に関する予備的研究」より引用
ドクトル
ドクトル

介入群の方が、効果が約2倍という結果になりました!

舌苔付着量:両者同等

一方舌苔付着量については、両者とも減少していたが、さほど差は見られませんでした。

詳細はこちら⏬

「入院高齢者における口腔カンジダ症と舌苔に対するネオナイシン-e配合 口腔用ジェルの効果に関する予備的研究」より引用

まとめ

以下まとめです。

「オーラルピースは、カンジダ、舌苔減少に効果アリ」

それでは最後に、我々当院がこの「オーラルピース®︎」をオススメする理由を記して締めさせていただきます。

『オーラルピース®︎をオススメする理由』飲み込んでも体に害がないから。
②水無しでも使える歯磨き粉。水でむせる方に安全性が配慮されている。
③歯茎に塗り込むだけでも効果があり、手軽に使える。抗菌作用、保湿作用も十分。

①〜③については過去記事に詳細を記していますので、宜しければ併せてご覧ください。

ここまで読んでいただきありがとうございました。


ブログランキング・にほんブログ村へPVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました