本日放送の「情熱大陸」より〜[小林久隆先生開発:がん光免疫療法]を見て

笑っている二つのがん細胞 訪問歯科関連
スポンサーリンク
ドクトル
ドクトル

こんばんは、ドクトルです。

このブログでは、役立つ歯科の知識を皆様にお伝えしています。

要点はマーカーで引いておりますので、その部分を読むだけでも内容はご理解いただけるかと思います。

今回は「情熱大陸」にて本日(R4.12.11)放送されていた、小林久隆先生開発のがん光免疫療法について

開発者:小林久隆先生について

先ず初めに、開発者である小林久隆先生のプロフィールについて、生年月日、出身地、学歴、経歴等簡潔に記していきます。

小林久隆先生プロフィール①:生年月日と出身地

生年月日は1961年9月13日生、61歳

出身地は兵庫県西宮市とのことです。

小林久隆先生プロフィール②:学歴

最終学歴は、京都大学医学部卒。

文句なしの超エリートです。

小林久隆先生プロフィール③:経歴・職歴

現在、NIH/NCI(アメリカ国立衛生研究所・国立がん研究所)分子イメージプログラム主任研究員として勤務されています。

さらに今年の4月に、関西医科大学光免疫医学研究所長に就任されているとのことです。

がん光免疫療法について

続いて、今回のテーマである「がん光免疫療法」の仕組み、適応症例、副作用など、特徴の詳細について記載していきます。

特徴①:がん細胞のみに働きかける

従来抗がん剤等の薬物療法では、がん細胞以外の健康な細胞も含めて攻撃する故、副作用がとても大きく出ていました。

しかし、この「がん光免疫療法」はがん細胞のみに光線を当て、破壊するという治療法です。

具体的には

  • 光を纏った抗体を点滴にて体内に注入する
  • その抗体が、がん細胞に付着する
  • 付着したがん細胞に近赤外光を照射して、破裂させる
  • 破裂まで約数分かかる

となります。

特徴②:適応症例は限定されている

「情熱大陸」放送内容によれば、現段階の適応症例については、抗がん剤、薬物療法、および手術が困難で且つ頭頸部癌に限定されているそうです。

加えて、ある程度大きいがん細胞については1回照射のみでは死滅しないようです。

ドクトル
ドクトル

これから研究をさらに進めていただいて、適応症例がより増えることに期待します。

特徴③:副作用について

副作用については、治療後の痛み、出血、喉のむくみ等報告されてます。

「情熱大陸」でご紹介されていた上咽頭がんの患者さんは、治療後はあまり調子が良くなく、痛みを訴えていました。

ちなみに[2022年版]光免疫療法によるがん治療のすべて、によれば海外での治験の結果、対象者30人のうち3人に痛みや気道閉塞なども報告されているとのこと。

特徴④:頭頸部癌の治療に限り、昨年保険適応になった

こちらの治療法は、昨年保険適応になりました。

ただし頭頸部癌の治療のみに限定されています。

ちなみに2021年末までには、約40回実施されているとのこと。

感想〜歯科の観点から見て、がん患者の口腔内有害事象が減るのは良いかもしれない

では最後に私の個人的な感想を以て結びとさせていただきます。

我々訪問歯科医でも、時折がん患者さんに、口腔ケアにて介入させていただくケースがあります。

というのも、抗がん剤、放射線療法などで粘膜炎、口内炎が増加する為です。

これが結構悩みのタネでして、痛みのせいで食欲不振になることも多々あります。

こういった現場を見ている私としては、副作用も比較的苦痛を伴わなず、何より口腔内有害事象も発生しない「がん光免疫療法」はより浸透していけば良いなと感じました。

まだ症例数は少ないので、エビデンスの構築に期待ですね。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へPVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました