舌圧と歯の数が栄養状態に関係するか?

舌と歯 論文紹介
スポンサーリンク

こんばんは、ドクトルです。

通常、私達が物を食べるとき、「噛んで飲み込む」という動作を無意識にします。

噛む役割が歯、飲みこむ役割が舌。この歯数と舌の機能が、栄養摂取状態にどう影響するのでしょうか?

というわけで、今日も論文を紹介していきます。

このブログを読んで分かること歯の数及び舌圧と栄養状態の関連性を知れる

それでは本題に入りましょう。

スポンサーリンク

①研究対象者:入院患者27名

今回の研究対象者は入院患者27名です。属性は以下のとうりです。

  • NST対象者(医療チームで栄養管理されている人)
  • 男性7名 女性20名
  • 平均年齢:85.2±10.1歳
  • 肺炎既往最多(10名)
  • Alb平均値:3.0±0.6g/dl
  • BMI平均値:19.1±4.4kg/㎡
  • 舌圧平均値:16.3±10.4kPa
  • 歯数平均値:10.6±9.1本
  • 常食摂取者10名 調整食摂取者17名
ドクトル
ドクトル

低栄養傾向が強い入院患者27名ということですね

次に、舌圧と歯数がAlb、BMI、年齢、喫食率とどういう関連性があるか調査しました。

スポンサーリンク

②舌圧とAlb、BMI、年齢、喫食率、現在歯数との関係性

Ans→喫食率完食と年齢に関連性が見られた

ドクトル
ドクトル

舌圧が高いほど食事が進む。

加齢が進むほど舌圧が低下する。

という比例関係が認められました。

スポンサーリンク

③現在歯数とAlb、BMI、年齢、喫食率との関係性

Ans→BMIとの関連性があった

ドクトル
ドクトル

歯があるほどBMIが高くなる傾向が分かりました。

これは、常食摂取者の割合が高くなるからでしょう。

常食と調整食のカロリーは天と地ほど異なりますからね….(詳細は下の記事をご覧ください)

次に舌圧に着目してみましょう。

④低舌圧群(20Kpa未満)と高舌圧群(20Kpa以上)との比較

Ans→喫食率に差が出た

最後に常食群と調整食群との比較です。

⑤常食群と調整食群との比較

Ans→年齢、舌圧、歯数に差が見られた

ドクトル
ドクトル

平均年齢:常食群77歳 調整食群89.5歳

舌圧:常食群23.5kPa 調整食群12.1kPa

歯数:常食群17.3本 調整食群7.3本

まとめ

以下まとめです。

  • 舌圧が高いー常食を食べれるー完食率もあがるー栄養も取れるー元気でい続けられる
  • 歯の数が多いー常食を食べれるー栄養も取れるー元気でい続けられる
ドクトル
ドクトル

栄養カロリーが高い常食を摂取し続けるという観点からも、舌圧の維持と歯の数を保全することは重要と言えるでしょう。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

現在使用中のサーバーです⏬⏬

コメント

タイトルとURLをコピーしました