「歯周病と全身疾患は関連性あり」〜その根拠について共有しましょう

歯周病の絵 論文紹介
スポンサーリンク
ドクトル
ドクトル

こんばんは、ドクトルです。

このブログでは、皆様に役立つであろう歯科の知識を、論文紹介を交えてお伝えしています。

要点はマーカーで引いておりますので、その部分を読むだけでも内容はご理解いただけるかと思います。最悪吹き出し部分を読むだけでも大丈夫です。

さて本日のテーマは「歯周病と全身疾患の関連性」についてです。

皆様、歯医者に行ったらよく言われませんか?

「歯周病は全身のあらゆる病気と関係していることが分かっています。身体の健康の為にも、歯周病を予防していきましょう。定期的にメンテナンス通ってくださいね。」みたいなことを。

歯周病と全身疾患の関連性については、近年テレビでも散々言われているので、大分周知されてるとは思います。

では皆様、なぜ歯周病と身体の病気が関係しているのか、ご存じですか?意外と把握してないのではないでしょうか?

そこで今回は、糖尿病と慢性腎臓病に絞り、両者と歯周病との関連性のメカニズムについて、論文紹介を交えてお伝えしていきます。

それでは本題に入りましょう。

スポンサーリンク

①糖尿病と歯周病の関連性について

では、最初に糖尿病と歯周病の関連性について記していきます。

そのメカニズムについては、次の二つが関与されているとされます。

  1. インスリン抵抗性
  2. 酸化ストレス

インスリン抵抗性

インスリンとは血糖値を下げるホルモンです。即ち、インスリン抵抗性があるということは、インスリンが効きにくい状態を指し、高血糖をきたす状態になるということです。

実は、このインスリン抵抗性は歯周病になると強く示すようになると判明しています。

ドクトル
ドクトル

つまり、ざっくり言うと

歯周病になるーインスリン抵抗性強くなるー高血糖になるー糖尿病リスク倍増

ということです。

酸化ストレス

糖尿病により、高血糖状態が続くと酸化ストレスが増大するとされます。

ドクトル
ドクトル

※酸化ストレスとは

生活習慣、病気、ストレスなどにより、体を傷つける活性酸素の生産が過剰になった状態

この酸化ストレスが、歯茎に悪さを働き歯周病を進行させるということです。

スポンサーリンク

②慢性腎臓病と歯周病の関連性について

続きまして、慢性腎臓病と歯周病の関連性について記していきます。

糖尿病は多くの合併症を引き起こします。その内の一つとして、糖尿病性腎症があります。

この論文では、250名以上の人工透析患者を対象に口腔内を調査し、その結果について以下の通り記しています。

「歯周病細菌であるP.gingivalisの血清抗体価(細菌量)と透析患者のTNFRs(腎機能予後因子)と有意な相関が認められた。」

ドクトル
ドクトル

つまり「歯周病細菌が多いと、腎機能の予後が悪くなる」という関連性があることが判明したということです。

スポンサーリンク

まとめ

では、まとめです。

  • 糖尿病・慢性腎臓病と歯周病との関連性については、既に研究済み
  • 結果として有意に関連性がある
  • 歯周病の予防が、全身の健康に繋がるというのは根拠がある

口腔ケアを推進する根拠は、こういった健康増進という観点からもあるわけです。

少々マニアックな話でしたが、ここまで読んでいただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました