総義歯の方の口腔ケア〜この3点に気をつけよう

机の上にある総入れ歯と老人 論文紹介
スポンサーリンク
ドクトル
ドクトル

こんばんは、ドクトルです。

このブログでは、皆様に役に立つであろう歯科の知識を、論文紹介を交えてお伝えしています。

要点はマーカーで引いていますので、その部分を読むだけでも内容はご理解いただけるかと思います。最悪、吹き出し部分だけでも大丈夫です!

以前歯が無い人でも、口腔ケアは必要であるということはお伝えしたかと思います。(関連記事はこちらから⏬⏬)

要は、歯があろうが、無かろうが口腔ケアによって細菌数を減らす、結果誤嚥性肺炎の抑制につながるということでした。

歯がある人は、歯垢とか食べカスに細菌が多いということは予測できると思います。

では歯が無い人の口腔内細菌の量って、どういう要素が絡んでいるのでしょうか。

今回は歯が無い人の口腔ケアで注意してほしい3点について、論文紹介を交えてお伝えしていきます。

この記事を読んで分かること歯が無い人の口腔ケアで、重点的にする箇所3点

それでは本題に入りましょう。

スポンサーリンク

①研究対象者

今回の研究対象者は、歯が無い人(以下、無歯顎)68人です。属性は以下のとうりです。

  • 男性33名、女性35名
  • 平均年齢74歳
  • 過去3ヶ月以内に抗生物質の服用をした、また口腔がんなどがある方は除外した
  • 上下入れ歯装着中。適合は良好。
スポンサーリンク

②調査項目

続いて調査項目についてです。以下に記載します。

  • 年齢
  • 性別
  • 安静時唾液量
  • 唾液pH
  • 唾液粘度
  • 唾液中ヒスタチン含有量
  • 舌苔付着度
  • 舌圧
  • デンチャープラーク付着程度(入れ歯の汚れ)
  • 入れ歯の材料
  • 歯が無い期間
  • 口腔清掃頻度
  • 喫煙習慣
ドクトル
ドクトル

※用語説明

ヒスタチン→抗菌性を持つタンパク質

上記の項目と唾液中微生物数(歯周病菌とカンジダ数)の関連性を調査しました。果たして結果はいかに?

スポンサーリンク

③結果

Ans→唾液量、舌苔の付着度、入れ歯の汚れ具合、口腔清掃の頻度が、唾液中微生物数と大いに関連していた。特に影響を及ぼしていたのは唾液量(歯周病菌とカンジダ数両方増加)

ドクトル
ドクトル

唾液が少ないほど、細菌数の増加傾向を認めました。

つまりお口の中が乾燥している人ほど、口腔内が不潔になりやすい傾向がわかりました。

まとめ〜総義歯の方の口腔ケアはこの3点に気をつけよう

というわけで、まとめです。

歯が無い方の口腔ケアをする際には

  • 保湿の徹底
  • 舌の清掃
  • 入れ歯の洗浄

を心がけることが重要です。

ドクトル
ドクトル

それでは、いつも介護の方にお伝えしていることを記載して終わりにしたいと思います。

保湿は保湿剤(リフレケア、もしくはオーラルピース)または加湿器を用いるのがオススメです。

舌の清掃は、一遍に汚れを取ろうとすると味蕾(味を感じる細胞)を傷つけるので、毎日少しずつ行うのがベターです。

入れ歯の洗浄は、義歯ブラシを用いて流水にてお願いします。

熱湯、歯磨き粉で洗うと変形及び傷がつく原因になるので控えてください。一番手軽なのはポリデントですね。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました