会話するだけでも喉の筋トレになる

コートを着ている男性 論文紹介
スポンサーリンク

こんばんは、ドクトルです。

線状降水帯で、昨日は土砂降りでしたが皆様のところはいかがでしたでしょうか。

さて、本日も気になった論文紹介です。

今回のテーマはズバリ「発話」です。我々も普段何気なく行なっている、この発話が嚥下飲み込みと影響があるそうです。

ドクトル
ドクトル

今回ご紹介する論文はこちら。

「受動的「発話」が高齢者の嚥下機能および生理機能に与える効果」

井上 映子 和野千枝子 山田万希子 大森直哉 後藤 武

この記事を読んで分かること発話と嚥下機能飲み込みの機能の関連性

それでは本題に入りましょう。

スポンサーリンク

①研究対象者:高齢者7名(男性4名 女性3名 平均年齢66.6歳)

今回の研究対象者は、地域ボランティアに参加する高齢者7名の方です。

ドクトル
ドクトル

脳血管障害の既往無く、普通に食事をされている健常な方達です。

スポンサーリンク

②調査方法

調査方法は以下の通りです。

  • 期間はH25 3.24~30日の7日間
  • 調査は1日1名
  • 童話「こぶとりじいさん」を20分朗読
  • 朗読前と朗読後に嚥下機能測定。朗読中に生理機能測定
ドクトル
ドクトル

注)

朗読に関しては、アナウンサーが原稿を読むスピード(350個/分程度)で指示を与え、合計7000個読んでもらうよう調整した。理由は先人の研究で7000個程度の発話で嚥下機能に効果を与えたと記載があったから、とのこと。

また嚥下機能は、口の潤い度測定、唾液嚥下テスト、舌圧、呼気筋力、「パ」「タ」「カ」が何回言えるか、を調査。

生理機能は、体温、脈拍、血圧、甲状舌骨筋の温度、唾液アミラーゼを調査。

スポンサーリンク

③結果

Ans→唾液嚥下時間の短縮、体温、脈拍、甲状舌骨筋の表面温度の上昇を認めた。

ドクトル
ドクトル

まとめると

甲状舌骨筋の温度が上がることで活性化し、飲み込みのスピードが上がった。

つまり喉の筋トレとして効果があ、ということですね。

※甲状舌骨筋は、簡単に説明すると喉周りに付着しており、飲み込みの際にも重要な役割を担う筋肉です。イメージは下図をご参照ください。

甲状舌骨筋の位置は赤印の部分です。

まとめ〜感想

リハビリの中でも、とても簡便で実用性はあると思います。

ただ、実験を行ったその日での結果しかなく、即時的には効果があったことは分かりましたが、長期的には効果が得られるのか、はたまた頭打ちにならないのかは気になるところです。

あと、舌圧に関しては変化が無かったとのことです。被験者が7名と母体が少ないので断定的なことは言えませんが、喉は喉、舌は舌でリハメニューを別にして鍛えるのがやはり良いということでしょうか。

少なくとも、発話は即時的にのどの刺激になり、その結果、嚥下の活性化に繋がるということは分かりました。

口腔リハで構音訓練、発声練習などありますが、今日の論文は、それを科学的に裏付けたとても価値の高い研究であると思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

現在使用中のサーバーです⏬⏬

コメント

タイトルとURLをコピーしました