緑茶のカテキン〜お口を清潔にする効果あり!?

コップ一杯の緑茶 論文紹介
スポンサーリンク

こんばんは、ドクトルです。

本日は『緑茶成分であるカテキンが、口腔内清潔にどう影響するのか?』ということについて、論文紹介を交えながらお伝えしていきます。

ドクトル
ドクトル

今回ご紹介する論文はこちらです。

「カテキン粉末緑茶の口腔内細菌に及ぼす影響」

日下部 修介、田村大輔、小竹宏朋、作 誠太郎、本問文将、村松泰徳、堀田正人

ちなみに過去記事で、リステリン®︎ナチュラルケアは殺菌性に優れるとお伝えしましたが、含有成分として緑茶カテキンが入っていました。

今回は、そんな緑茶カテキン成分がいかにして抗菌性を発揮するのか、具体的に見ていきます。

それでは本題に入りましょう。

スポンサーリンク

①材料と方法

まず、用いた材料は以下の通りです。

  • カテキン粉末緑茶(1.9g/l)(←濃度はメーカー基準)
  • Streptococcus mutans、Streptococcus sanguinisの口腔内細菌2種類

また調査方法については以下の通りです。

  • カテキン濃度1.9g/l、1.0、0.75、0.5、0.25に調整した培地に菌液を入れて、37度24時間培養し、最小発育阻止濃度を測定
  • S.mutans、S.sanguinisの菌液各々500μlをカテキン溶液20mlに落下し、1時間及び3時間後の細菌の状態を観察
ドクトル
ドクトル

用語説明

最小発育阻止濃度→抗菌力の指標。数値が小さいほど抗菌力が高いことを示す。

スポンサーリンク

②結果

それでは結果です。

  1. メーカー基準濃度である1.9g/lのカテキンでは、細菌の発育は両者共見られなかった。
  2. 最小発育阻止濃度について:S.mutansでは1.9g/l S.sanguinisでは0.25g/l
  3. 細菌の状態について:菌数減少及び、菌体の崩壊を認めた。

菌破壊の様相については下に載せておきます。

「カテキン粉末緑茶の口腔内細菌に及ぼす影響」より引用
「カテキン粉末緑茶の口腔内細菌に及ぼす影響」より引用
スポンサーリンク

まとめ

それでは、まとめです。

『緑茶成分であるカテキンは、抗菌作用がある。それも1時間で効果が出始める』

ドクトル
ドクトル

「甘い物を食べた後は、緑茶でお口をゆすいでください」

よくこう言うのは、こういった科学的根拠があるからなんですよ。

じゃあ、緑茶以外はどうなの?

ドクトル
ドクトル

….

文献調べときます。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へPVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました