経口摂取vs非経口摂取〜禁食は誤嚥性肺炎予防として有益なのか

経鼻栄養摂取の老婆 論文紹介
スポンサーリンク
ドクトル
ドクトル

こんばんは、ドクトルです。

このブログでは、皆様に役立つであろう歯科の知識を、論文紹介を交えてお伝えしています。

要点はマーカーで引いておりますので、その部分を読むだけでも内容はご理解できるかと思います。最悪、吹き出し部分を読むだけでも大丈夫です。

本日のテーマは「経口摂取vs非経口摂取」です。

一般的に、炎症発熱発症に対しては、誤嚥性肺炎を疑われ禁食と抗生剤投与がなされます。

今回の論文は、この禁食、すなわち非経口摂取の継続は、本当に発熱炎症の抑制策になるのだろうか?という観点で綴られています。

ドクトル
ドクトル

今回ご紹介する論文はこちらです。

「栄養摂取方法の違いが療養型病院の入院患者における発熱および炎症反応に及ぼす影響」

東郷 将成、佐藤 雅俊、山口 太一、皆川 夏樹、伊藤 真義 

それでは本題に入りましょう。

スポンサーリンク

①研究対象者

今回の研究対象者は、療養型病院に入院している経口摂取患者23名(ON群)非経口摂取患者58名(EN群)です。

なお、両グループの現疾患と栄養摂取状況についてはこちら⏬

「栄養摂取方法の違いが療養型病院の入院患者における発熱および炎症反応に及ぼす影響」より引用
ドクトル
ドクトル

ON群は、約3割が常食、残りが嚥下食

EN群は、大半が胃ろうにて栄養摂取されています。なお胃ろう造設してから約3年経過しているとのこと。

なお、その他の情報として

  • 一日3〜4回口腔ケアをしていた。(ON群は患者本人、EN群は看護師介助)
  • 食後、経管栄養後は逆流防止の為、2時間ベッドの角度30度にて安静。
  • 定期的に言語聴覚士による嚥下機能検査を実施していた。
スポンサーリンク

②調査項目と方法

調査項目は、過去6ヶ月の体温変化発熱日数、及び定期的に行われていた採血のデータ

これらを、ON群とEN群の両者にて統計解析を行ない、データを比較。

発熱に関しては37.5℃以上とした

スポンサーリンク

③結果

それでは結果です。

  1. 発熱日数:EN群が有意に多かった。
  2. 血液データ:WBC(白血球)とCRP(炎症度)について、EN群が有意に高値であった。

詳細の図はこちらです⏬

「栄養摂取方法の違いが療養型病院の入院患者における発熱および炎症反応に及ぼす影響」より引用
「栄養摂取方法の違いが療養型病院の入院患者における発熱および炎症反応に及ぼす影響」より引用

まとめ

では、まとめです。

「口から食事を摂らないことは、発熱炎症を抑制する担保になるとは言い難い」

本論文での考察は以下の通りでした。

  • 3年以上経口摂取をしていないことから、嚥下関連筋群を低下させた
  • 炎症、発熱の原因は不明だが、おそらく誤嚥性肺炎
  • 非経口摂取は、一時的には有効であるが長期にわたって行うものではない
  • 発熱、炎症が改善された時点で経口摂取に戻していくのが望ましい
ドクトル
ドクトル

私の現場でも、長年非経口摂取のまま放置されている現状は未だ多くあります。

本当に必要なのか疑わしい経鼻チューブ、経口摂取できそうなのに何年も胃ろうの方….

語弊の無いように申し上げておきますが、非経口摂取を批判している訳ではありません。神経疾患等で、やむを得ない場合もあるでしょう。

そうでなくて、本当は口から食べれるであろう方が、チューブ、胃ろうで放置されている現状が残念でならないわけであります。

もし在宅にて介護されている方で、こういう思いがもし少しでもあるならば、お近くの訪問歯科に一度ご相談されてください。

胃ろうに関しては過去記事にも載せていますので、宜しければ併せてご覧ください

ここまで読んでいただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました